bantoh

Now Free Trial is advantageous!!

Sorry, This content is Japanese only.

フリートライアルについて熱く語る前に、ゼネレヱタについて少し。

ゼネレヱタは「wordpressを使用したサイト制作」の現場に、桁違いの改革を起こすために発案、開発しました。
その機能のほとんどはベーシックユースと、追加オプションのクリエイタプラスで本領を発揮しますが、フリートライアルでもその改革を存分に味わえる構成にしてあります。

ゼネレヱタが本領を発揮する有料プランは業務用

クリエイタプラスは、クライアントから依頼を受けてサイト制作を生業としている企業様や、SOHO向けで、ゼネレヱタを開発するに至った現場でのゴリゴリの制作作業そのものを想定しています。
同時進行で月産4本とかですね。もうゴリゴリ作りまくる感じです。

ベーシックユースは受注件数が比較的少な目の現場を対象にしています。
月に1件ペース程度ならベーシックユースでも耐えられると思います。
他には、自社管理のサイトを内製するケースもベーシックユースで賄えると思います。

ベーシックユースも複数人で制作することを念頭に置いてありますので、内製といってもプレビュー機能などは共有できるようにしてあります。
上司や他部署に確認してもらいやすく、機能的にも全く問題ない状態に調整してあります。

フリートライアルの存在意義

ではそろそろ、フリートライアルの核心に迫ります。


“フリートライアルに求められるものってなんでしょう?”


「有料プランに登録する前に、どんなものか見てみたい。」


これですよね。まずは見てみたい。確かめたいですよね。
無料だからといって、ケチって機能を制限してしまったら、存分に確かめていただけないのです。
これではゼネレヱタの魅力がまったく伝わりません。
検討の余地があると思っていただけるようなトライアル、体験でなければ意味が無い。

当初はベーシックユースに無料体験期間を設ける手段も検討していました。
しかし、現場が多忙なのは重々承知しています。
仮に30日間という期限を設けて、その中で存分に体験できるかと考えたとき、答えはノーでした。
「ただでさえ忙しいのに、試している暇はない。」
この一言に尽きました。

つまり、体験期間など制限せず、無期限にする必要がありました。

ゼネレヱタの魅力を知ってもらうためには、期日の制限も機能の制限もしたくない。
この考えは絶対に曲げたくありませんでしたから、お金に厳しい大旦那との話し合いが何日も続きました。

「無料で無期限で有料プランと同等の機能を提供したら、では誰が有料プランにしようと思うのか。」
鰤尾屋にとって、これはとても大きな課題でした。

答えは“使い分け”にありました。

フリートライアルといっても、先述の通り、主要な機能はすべて開放しています。
個人的なブログなどを制作する程度なら、フリートライアルで充分と言い切れる内容です。

大事なのは何を体験していただくか

wordpressでサイト制作をするにあたり、まずは「テーマの選定」が発生します。
よほど奇抜なページ構成、デザインで無い限り、既存のテーマをカスタマイズして使用します。
案件ごとに専用のテーマをイチからスクラッチ制作するなんてケースは極めて稀です。
クライアントもそこまで制作費を想定していません。
wordpressが前提の時点で、「なるべく安くて本格的なサイト」を所望されているはず。

しかし、時として、この「テーマの選定」が難航します。
既存のテーマに妥当なものが無いケースです。
特に日本語は2バイト文字ですが、クライアントは文字のバイト数などお構いなし。
海外のサイトを見せて「こんな風!」とイマージを示すぐらいなら全然いいのですが、どこで見つけてきたのか、海外製のお洒落なテーマを持ってきて「テーマはこれを使って!」なんて言ってくるケースが頭が痛くなります。2バイト文字を想定せずに設計されている海外製は全く使えないケースが多いです。

タイトルを日本語にしただけで途端にダサくなる。これはフォントが大きな要因です。
それだけではありませんが、とにかくイメージに合わない。文字の収まりが悪い。
1バイト文字と2バイト文字の違いについて、クライアントに納得していただける説明をするのが、もはや苦痛です。

最終的に、クライアントに妥協してもらわなければならない。
本来なら、これではダメですよね。何としてでも実現しなければ。
かといって、新しくテーマを作るには、デザインを起こすだけではなく、さらにプログラミング、コーディングもしなければ完成しない。
クライアントはそこまでの予算は出せない。

結果、クライアントが妥協せざるを得ない状況が続いていました。

無料でも惜しみく機能を提供する意味

こんな状況を打破することも目標に開発したゼネレヱタですから、フリートライアルといえども、この目標を達成しているという体験が出来なければ意味がありません。

既存のテーマで妥協するのではなく、サイトごとにイチからスクラッチ制作する。
そんな無茶振りを可能にするゼネレヱタ。


メールアドレスのみでサクッと登録できます。
ぜひお試しください。

Register only email address!
HAPPY ANNIVERSARY Early access surprise
Higher plan features can be used.

If you like this article
share please!